栗のミイラとバゲットと。

f0132605_1448686.jpg

今日は久しぶりにミイラ作成。
フィリングは栗。
天津甘栗ね。
渋皮煮でもグラッセでもなく。
先日栗おこわを作ったけど
生栗剥くのはタイヘンだわ~。
栗シゴトお好きな方、尊敬しちゃう!

f0132605_14511789.jpg



カットするとこんなカンジ。
もうちょっと発酵とっても
良かったかな。
今回は酵母とサフ混合。
ここのところこの配合で
イロイロやっている。
実を言うと、昨日も大きなバゲットを焼いたの。
ただもう暗くなってたし
夕飯にみんなで全部頂いちゃたので写真はナイ。




f0132605_14555542.jpg





コチラはおデブバゲット。
帯切れしてるし^^;











f0132605_14571524.jpg





カット図。
今回加水が低いので
ボコりもオトナシめ。









なんで最近サフ混合酵母にしているのかと言うと
実験しているの。
酵母オンリーの重いカンジではなく
旨みを残しつつ、軽さも出ないかなあ、
そんなコト思って。

それというのもゴントランシェリエが美味しかったから。
酵母を使ってあるとは言うものの
酵母100%ではない気がして。
なので比率を変えたりして何度か焼いているのだ。

今回のパン、もちろん美味しいんだけど
やはり何かちがうなあ。
もっといろいろやってみよう^^

f0132605_1535762.jpg


栗のミイラを焼いたは
コレがやりたかったから。
あんこを乗せて頂きたかったのだ♪
栗とあんこ、合わないワケがナイ。
とーっても美味しかった^^
このところの混合酵母の実験で
お味見が増えてしまい
体重もどんどん増えてしまっている^^;
ああ、コワい。。

でもまだやるもんねー。






以前は酵母にサフを混ぜるなんて
酵母のパンを焼く意味あるのか?
なんて否定的に思っていたけれど
今はそんなに頑なじゃない。
酵母オンリーの旨みとは違うけれど
軽いパンはお食事にとっても良く合うなあ、
なんて思ったり。

決めつけないで、美味しいと思えるものを作りたい。
そう思うようになってきた。

それから多くのみなさんがお買い求めになったと思いますが
アンコちゃんのご本もとっても良い刺激になっている。

「酵母のパンでも重くならず、
軽やかなパンを焼くための元ダネを・・・」

アンコちゃんのそんな言葉がすっごく気にかかる。
うーん、またまたステキな本だなあ。

何度もじっくり読み返させていただこう。




こちらのランキングに参加中です。
ワンクリックぽちりと応援お願いいたします!

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます^^
[PR]

by fumiyok7 | 2015-09-25 15:15 | 今日のパン | Comments(0)