ヴィエノワのデキはどう?オヤツはスモモ酵母で。

  
f0132605_15282153.jpg

今日はヴィエノワレッスン♪
生徒さんはちょっとお久しぶりなチアキさんです。
チアキさんからリクエストされていたヴィエノワ、
さあ、オイシク作ろうね!・・・とスタート^^
で、上のはまずお礼に焼いたパン、
チーズバゲットです。
酵母はスモモ。
いつものようにMKTD牛乳ゴネのパンです。
チアキさんから頂き物をしたのでそのお礼に・・。

f0132605_1534852.jpg



コチラは胡麻カンパ、
フィリングは栗とサツマイモの蜜煮です。
上のバゲはビス焼き、
コチラはガス焼きです。
ゴマ生地はとっても香ばしくてオイシイです。
きっとチアキさんのお母様はお好きね・・
そう思ってたらやっぱりそうですって。
作ってよかった^^




f0132605_15392932.jpg




コチラはチョコプチ。
チーズもすきだけどチョコも大すき、というチアキさんにはコレも欠かせないでしょう。
お嬢さんと一緒にどうぞ^^









f0132605_15425436.jpg



さてさてコチラがチアキさんのヴィエノワ。
クープ入れが難しかったかな。
なかなかタテに入れられなかったですね。
クープの本数も多いのでタイヘンでした。
こういうものは慣れなので、おウチで何度も作ってみて下さいね。
必ずカッコ良いクープが入れられますよ^^





f0132605_15451196.jpg




今日はマンツーだったので
私もこねました。
色々お話しているうちに
チョット過醗酵にしてしまった!
このパンは醗酵上がり少し浅めでクープを入れていきましょう、
なんてお話していたのに。
ね、チアキさん、こうならないようにね^^;




f0132605_15495060.jpg



今回のスモモ酵母、
ものすごくパワフルで
早いのです。
なにしろオーバーナイトで・・・と思っていたのに4時間ほどで一次醗酵完了!
慌ててパンチを入れ
冷蔵醗酵に切り替え。
スモモ、侮り難し!
酵母によってこの辺がすごく違うので注意が必要ですね。




今日のレッスンは久しぶりなチアキさんだったのと
マンツーだったのとで、お話が弾みました。
いや、弾み過ぎ?
しかしこうするとこうなる、的な教訓として
おウチでのパン作りに生かして下さいね~。
(なんか苦しいかな?^^;)



こちらのランキングに参加中です。
ワンクリック、ポチリと応援お願いいたします!

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

いつもありがとうございます♪


     ◆ パン教室 K's kitchen ◆

イーストパンの初級から酵母パンまでいろいろなパンをお教えしています。
コースではなく単発で気に入ったパンを習う事ができますよ。

〇料金・・・初級、基礎クラス   2500円
       上級クラス       3000円
       フランスパンコース  3500円
       酵母パンコース    4000円

〇時間   AM10:00~12:30くらい
        PM1:00~3:30くらい
         ※パンはその日の気温などによっても時間が変わってきます。
           この時間はだいたいの予定とお考えください。
    
         レッスンは基本的に平日としているのですが
         平日お仕事がある方など、ご要望があれば土曜日も受け付けています。
         土曜レッスンご希望の方はお問い合わせください。

〇所在地  場所は名古屋市中川区、最寄駅はあおなみ線の笹島ライブ駅です。
        名古屋駅から徒歩20分くらい。←30分位かかるらしいです。私は早足なせい?^^;

ご予約は携帯メールで。
受講ご希望の方はコチラのブログのコメント欄に
ご連絡ください。

その折にご住所、郵便番号、Telメールアドレスなど、
ご連絡先をシークレットでお教え下さいね。
こちらからご連絡を差し上げます。
(ソフトバンクの方は、携帯番号をお教え頂けると嬉しいです。
  私もソフバンなので、ナンバーでメールが差し上げられるのです。)
笹島ライブ駅からの地図をご希望の方、
パソコンのアドレスをお知らせいただければお送りいたしますので
その旨もあわせてご記入をお願いいたします。

一緒においしく楽しいパン作りをしましょうね^O^  

※申しわけございませんが、コチラのお教室は女性のみとさせて頂いています。
  よろしくご了承お願い致します。

※駐車場は一台分だけあります。
  お車でいらっしゃる方は、その旨ご連絡ください。
[PR]

by fumiyok7 | 2013-06-26 15:59 | パン教室 | Comments(0)